戸田和幸監督 退任およびテクニカルアドバイザー就任のお知らせ

この度、戸田和幸監督が2021シーズンをもちまして退任することとなりましたので、お知らせいたします。なお、戸田氏は2022シーズンよりテクニカルアドバイザーに就任することが決定しておりますので、あわせてお知らせいたします。


戸田和幸氏を現場のトップに据えた2年間を通じて築いてきた、一橋ア式の「サッカー」および「組織」におけるスタイル・フィロソフィーをより強固に、より発展させた形でクラブの未来に継承していくために、新たな役割でクラブに関わっていただくこととなりました。学生コーチの育成や強化本部のサポートなど、クラブの競技力向上に向けた様々な取り組みに貢献していただきます。



【戸田和幸氏 コメント】

 2年間のチャレンジを経て自分自身の学びと成長はもちろんの事、部活動とサッカーへの考え方・関わり方・取り組みにも大きな変化と成長が見られた事もあり元々学生主体を謳っていたア式に体制を戻しつつお互いに次のフェーズに向かってチャレンジを続けていく事になりました。

指導者としてこの2年を振り返ると、国立大学の学生達にサッカーとリーグ戦にどのくらいの時間と熱量、そして競技結果も残せる為に必要なスタイルの構築とトレーニングを提供すべきか試行錯誤し続けた2年間でした。

「自分自身で何処に向かっていくかを決める」事をテーマに時に全体主義的な場所になり易い部活動の在り方も含め時間をかけて問いかけ関らせてもらいましたが、幸いに学生達の理解と努力によって組織として一つ二つ先に進み始めた気がしています。

一橋大学の学生としてサッカーと部活動をこれからの個々人の人生とキャリア形成にリンクさせながら具体的な目標を設定し主体的に活動出来るかを大テーマに取り組んできました。

彼らにとっては非常に難しい部類に入るサッカー面、リーグ戦での成果も含め様々な角度から部活動とサッカーに関わりエラーを恐れずエラーからも学ぶ気持ちを持ち個々人が望む形で成長していける場所にしていこうと多くの時間を費やしてきました。

最終的には競技面でも一定以上の大きな成果となる3位という成績を残す事が出来ましたが、彼らにとっては苦手な部類に入るであろうサッカーに於いても考え方と取り組みの方向性次第では厳しい闘いにも勝利を収める事が出来るという事を体験出来た事は今後に繋がる自信となったのではないかと感じています。

S級ライセンスは保有しているものの、まだまだ能力・経験共に足りていないと考え「指導者になる」事を目標にこれまで活動を続けてきた私ですが、この2年間でのア式と学生たちとの時間の中でサッカー面はもちろんの事、組織運営とマネジメント領域についても多くを経験し学ばせてもらえた事は今後の人生にとって多くの学びと少しの自信を得る事が出来たと感じています。

今後も立場は変わるものの部と学生達のチャレンジをサポートしていく事になりますので今後とも良い関係性を保ちながら私自身も目標に向かって更に成長していけるようチャレンジを続けていきたいと思っています。

学生達はもちろんの事、OBの方達を始めサポートいただいた多くの方達のお陰で2年間全力を尽くす事が出来ました、コロナもあり直接お会い出来る事のなかった部を応援しサポートしていただいた沢山の方達にこの場をお借りし心からの感謝をお伝えさせていただきます。

ここからのア式がどんな場所に、組織とチームになっていくかを楽しみにしています。

2年間ありがとうございました。

                              戸田和幸



【プロフィール】

【氏名】 戸田 和幸(とだ かずゆき)

【生年月日】 1977年12月30日(43歳)

【出身地】 東京都

【経歴】桐蔭学園高等学校→清水エスパルス→トッテナム・ホットスパーFC(イングランド)→ADOデン・ハーグ(オランダ)→清水エスパルス→東京ヴェルディ1969→サンフレッチェ広島→ジェフユナイテッド市原・千葉→慶南FC(韓国)→ザスパ草津群馬→FC町田ゼルビア→ウォリアーズFC(シンガポール)

【主な代表歴】U-17 日本代表・U-20日本代表・日本代表(2002年日韓ワールドカップ出場)

過去の記事