新人戦に向けて。新人戦期主将より

こんにちは。

新人戦期、主将を務めさせて頂くニ年吉川健也です。新人戦に向けて僕自身の率直な思いを伝えさせて頂きます。

僕は去年、リーグ戦の秋季から主に出場させて頂いていました。リーグ戦を通して大学サッカーに慣れ、ある程度の自信や手応えと言えるものが得られました。しかしこの自信が打ち砕かれたのが去年の新人戦でした。明治学院に勝利して臨んだ山梨学院戦は想像を超えていました。一、ニ年生とは思えない身体の大きさ、今まで戦ってきた相手とは質の違うワンプレー、プレースピードの速さ、これが一部のレベルなのかと痛感しました。自分がボールを持てばFWに寄せられることが怖かったし、相手のFWとは駆け引きすらさせて貰えないようなスピード、判断の質の違いを感じました。それ以後、僕の中での一部昇格の基準は山梨学院においてやってきました。

そして今年。一部昇格が惜しくも叶わなかった今季のリーグ戦。春期は多くの試合に出場しながらも不振を脱却できず、秋季は怪我でチームに迷惑をかけた上に復帰してからも満足に出場機会を得られませんでした。一部昇格に向けたラストスパートでまとまっていくチームや、自らのプレーでチームを引っ張る同期の圭吾や宗とは対照的に、スタメンとしてチームを引っ張れない中途半端な自分が非常に情けなく悔しかったです。春期リーグの不振の名誉挽回をしたいと意気込んでいただけに言葉にならないくらいやるせない思いがありました。また、ある時期は自分が出場しない方がいいんじゃないか、自分が出てたから春期は不振だったのではないかと疑心暗鬼になっていて何もかもが苦しかったです。

そして今、これから戦う新人戦。チームは四年生が一年かけて作った良い雰囲気を受け継ぎ、三年生の献身的なサポートを受けながら楽しく激しく練習に勤しんでいます。テーマである、走って声を出して闘うことは練習を通して日々身に染みて来ていると思います。僕自身も、運営する側としてチームのことを考える機会が増えるにつれ、また挽回への思いからもリーグ戦期のズタボロだった自分から内面的にもプレーの面でも良い方に変わっていると感じています。

新人戦だからこそ、一部レベルの相手だからこそ、ぶつけたい僕の思いがあります。

去年の経験、今年の悔しさ、今持てるチームや自身への期待。

全てを一部昇格への思いと共にぶちまけてやりたいと思います。

やることはまだ山ほどありますがこの新人戦、ア式のアツい部員、マネージャー共々に優勝目指して突き進んでいきます。

応援よろしくお願いします。

吉川健也

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡