体現

February 6, 2016

2/2

思ったこと

いきなりですが、みなさんは今年のチームが目指すサッカーってどんなものだと思いますか?今年の理想のチーム像ってどんなものだと思いますか?

シーズンインしたばっかりだからまだ明確にはわからないという人は去年のチームが目指したサッカー、目指した組織像ってなんだったと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

どれくらいの人がこの問いに具体的な答えを出すことができるでしょうか。GMはチームとして目指すサッカーを決め、練習メニューを組み、試合のメンバーを決定します。去年で言えばそれは金田さんで今年で言えば大口です。大口が指針となってみんなで大口のやりたいサッカー、理想の組織を目指していくのです。

文章にすると当たり前のことのように思えるけれど、これを理解して練習や試合、ひいては日常生活を過ごせてる人はほとんどいないんじゃないかと思います。

毎年GMはものすごい時間と労力をかけてこういったことを考えているけれども、残念ながら1人で考えたことを体現することはできません。チームスポーツである以上はチームメイトがそれを理解して体現しようとしなければ目には見えてこないんです。

ではみんなは大口の言葉や練習の意図を汲み取ろうとしていますか?試合前に大口が言ったことをベースに自分の課題を克服しようと試合に臨んでいますか?日曜日の試合前に大口が言ったことを覚えていますか?

シーズンインして間も無いですが、すでに大口は理想のサッカーのヒントになるようなことはたくさん話していると思います。

これまでもGMは、目指したいものが無意識的に体に染み付くような練習メニューを組んでくれていたように思います。もし部員全員がもっとGMの目指すもの、やって欲しいことを理解しようとして行動していたらもっと高いレベルで体現できたのではないかと思います。

うまく表現できないんですけど、今年1年かけてみんなでひとつの作品を作り上げるようなイメージを持っています。そしてその指針となるのが大口です。

指針を見失ってしまってはどんなに努力したとしても個人として能力は伸びるかもしれないけれどそれはチームの完成度とは無関係で下手するとマイナスになってしまうかもしれません。

 

 

1年後、大口の目指してきたものが体現できた時、一橋は一部昇格を達成しているでしょう。

円陣で大口が嬉し涙を流すのを楽しみに今シーズン過ごしていきたいと思います。

 

伝えたいことが伝わるか不安ですが長くなるのでここらへんでやめときます。

最近の出来事

地味に大口にプレッシャーをかけてるみたいになってしまった。

だいぶ遅くなりましたが、田尻の傷心会やろうと思うので参加したい人は言ってください。

 

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡