純粋な思い

2/9

・思ったこと ちょうど1年前、一橋大学を目指して勉強していた。当時は純粋にサッカーがしたくて仕方がなかった。一橋で金田さんや甘利さんと一緒にサッカーがしたい、そんな思いを抱えながら勉強していた。(当時は小島さん、大山は知りません。)結果、一橋に入り一緒にサッカーがすることが出来た。純粋に嬉しかった、楽しかった。ただ、もっともっと一緒にサッカーしたかったと思った。 こんなことをオフ期間に振り返っていた。オフ期間を通して思ったこととしては、純粋な思いを大事にしていきたい、ということだ。 おそらく子供の頃はただただサッカーが楽しい、だからサッカーをする。そんな純粋な思いを持っていたはず。でも、年を重ねるごとに勝ち負けを重視したサッカーに変わっていった。そして、少しずつ純粋に楽しむ気持ちが薄れてくる。だからといって、サッカーが楽しくないわけではないけど。子供の頃に持った純粋な思いが心の奥に閉じ込められるようになっていく人が多いのではないだろうか?サッカーが楽しいという純粋な思いを濁りのない透き通ったままで残してほしい。部活だからサッカーをする。そんな義務感を持って、サッカーをしてほしくない。 そして、今は純粋に一部昇格したいという思いが強い。おそらくア式にいる人全員がこの思いを持っているはず。でも、その思いの強さは同じレベルだろうか?いつどんなときでも持ち続けられているだろうか?自分に問いかけてほしい。例えば、キツいトレーニングのとき自分に負けてしまう人はこの思いを持ち続けられてないと思う。苦しいときにこそ純粋な思いを強く持つ、さらけ出すことで頑張りきれる、乗り越えられると思う。一部昇格への純粋な思いの強さがそのまま行動に現れる。そう思って日々の行動をしていかないといけない。 精神論の話になってしまったけど、短い人生を振り返ると、気持ちの持ちよう、強さが苦しいときに自分を助けてくれていた。一橋に合格出来たのもそのおかげもあると思っている。純粋な思いがなければ、今こうしてサッカーをやっていたかはわからない。だからこそ、多くの人に純粋な思いを心に留めていてほしい。強く持っていてほしい。純粋な思いが自分自身にとって真実であるから。

・最近の出来事 浪人の友達がAOで東工大に合格した 優しくなったのか、面白くなったのか?

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡