プロフェッショナルな環境を作ろう

February 12, 2016

 環境って凄く大事だなと思います。OB戦でプレーしていた小泉さんは現役の頃よりも更に読みやプレーの鋭さが増していたように思います。引退してからもトップレベルの人間と触れ合っているからではないでしょうか。
  上手くなるためには当然上手くなれる環境に身を置くかその環境を作っていかなければなりません。僕たちは後者です。日々成長を感じられる練習環境を作らなければなりません。その環境作りは大きい部分から凄く細かい部分まであると思っています。例えば優れたコーチをお呼びすることが良い環境づくりになります。
  でも僕はこのチームはもっと細かい部分に拘るべきだと思っていて、それは自分が環境を作っているという意識を持つことです。プレスを一歩だけ妥協すればプレスをかけられた選手は1つレベルの低い環境でプレーすることにつながり、その一歩をかけられるチームと対戦すれば動揺するしそのレベルでプレーできなくなります。
  ストレッチ1つにしても皆が当たり前のようにしっかりとこなしていれば少しお喋りをしてストレッチをぬかる人間はいなくなるし(お喋りが必ずしも悪いわけではありません)、ぬかったことによって怪我をする人間がいなくなります。   
  プロテインを飲むか飲まないかにしてもその姿勢を人は見ていて、その人に影響を与えているという点で環境を作っているとも言えます。
  自らの1つのプレーが、1つの発言が、1つの行動が自分たちの環境を作っていてその環境で練習する自分達のレベルを決定するということを理解して、各々が大きな責任を負っているという意識をもてる集団でありましょう。
  要は一部昇格を目指すプロフェッショナルな集団でありましょう。


最近の出来事

 さいきよりも初動負荷先輩なのにさいきが最新のマシン使っていて僕が使ってないのはなぜ。
 スターウォーズが熱い。

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡