雑用からチームを強くする

February 25, 2016

 

みなさん、雑用って何だと思いますか。

 

最近、高校時代の友達と会った時にそんな話になりました。私は相変わらず部活でサッカー中心の生活を送っていて、熱を込めて部活のことを語っていたら、「ほんと好きなんだね、変わらないね」って言われてしまいました。その子的にはマネージャーの仕事は雑用に見えるらしく、私が楽しそうに雑用をしているのが依然として不思議…という感じでした。私は自分がしていることを雑用だなんて思ったことはないし、そんな風に見ている人もいるんだな〜と、新たな発見でした。

まあ、そう言われてみると、マネージャーの仕事ってほぼ雑用ですよね。(笑)ボトル用意する。ビブス畳む。グリッド置いて、走って回収する。グラウンド外では、必要な書類を提出したり、グラウンド使用の調整したり…。マネージャーじゃなくても出来ることばっかりです。他の大学では、マネージャーが全くいなくてすべてをプレーヤーで分担してやっているところもあります。

 

じゃあ、別にマネージャーにしか出来ないわけではないことをなぜ私がやっているか。それは、いわゆる雑用と呼ばれるようなことも、すべて一部昇格という目標につながっていると信じているからです。プレーヤーが脱いだウェアを畳んだり、一つ一つのグリッドを揃えて作ったりしたからといって、サッカー的に強くなるわけではありません。ただ、私たちがそういう「雑用」をこだわってやることで、チームとしての力を上げていくことは出来るんじゃないかと思っています。

 

 

 

2 最近の出来事
・憧れの18番の方とお話させていただく機会に恵まれました。イメージと少しも違わない、とても素敵な方でした。サッカー好きになってよかった。自分の好きなサッカーに携わり続けたことは間違いではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡