話す

February 28, 2016

今回の関西遠征を経て、人と話すことの大事さを強く感じました。人と話すと、自分が持たない考えや意見に気づけるだけでなく、相手がどんな人間なのかということを気づけます。関西遠征では毎日ミーティングが行われ、自分の考えを話したり、仲間の考えを聞くことが出来ました。先輩たち主導で行われたビデオミーティングでは、失敗を改善する方法を知ることが出来たことはもちろん、単純に自分がいかに考えてサッカーができていないかを知ることも出来ました。また、他の人がどんなプレーを望んでいるのかもわかりました。4日目のミーティングでは、「なぜア式に入部したのか」を問われ、自分の原点に立ち戻り、忘れかけていた初心に返ることが出来ました。「1部昇格のために何ができるか」も問われましたが、言葉に詰まってしまいました。自分のことに精一杯でチームに貢献するという意識が低かったことを痛感しました。
 とにかく、これからもいろんな人と話す機会を持ち、多くを学んで、チームに貢献できる選手になれるよう精進します。

 

最近の出来事
関西遠征では本当に多くのことを学びました

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡