自立する

一年間サッカーをやってきて、自分の成長を感じる部分もあれば、全く感じないところもあります。そして結果とてもアンバランスなプレーヤーになってしまったと振りかえって感じました。

一年目はひたすら言われるがままにボールを追って、守備をして、ボールをもらって…の繰返し。視野を広く持とうとか考えなかったわけではないが、それを意識して練習していたのも、試合していたのも言われたときだけで、その点は一年たってもあまり改善しませんでした。

出来る人からすれば当たり前のことなんだろうと思うのですが、二年目からは自立したプレーヤーになりたいと思いました。それは、四年生という大きな存在が抜けて、個別ミーティングでも出た話題だったのですが、下級生と最上級生とで気持ちや態度が違いすぎると言われた差を少しでも縮めたいと感じたからです。ここでいう自立したプレーヤーとは、決してチームから離れたプレーヤーという意味ではなく、チームのため、あるいはその個人がうまくなるために出来ることを、自分で考えて普段の練習から行動するプレーヤーという意味です。

そして、先輩が抜けていった後でもしっかり地に足のついたチームになるように同輩だけではなく、これから入ってくる後輩にもそんな背中を見せていこうと思いました。

最近の出来事

合コンじゃんけん負けたのに開催できなくてほんとすみません。 絶対いつか開催します。

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡