環境

March 10, 2016

先日、合格発表が行われました。自分の合格発表から1年が経ったという時の早さに驚いてしまいました。

僕は一橋大学に合格していなかったら、浪人はせずに合格していた私立大学に進学していたはずです。
その私立大学でもサッカーは続けるつもりでしたが、体育会ではなくサークルに入る予定でした。

この間、その私立大学に通う高校のサッカー部の友人がサッカーサークルを辞めたという話を耳にしました。以前、その友人は「サークルだと真面目に取り組む方が可笑しい雰囲気だし、先輩に顔を覚えてもらわないとロクに試合にも出れない。」と言っていました。サークルが悪いということではなく、あくまでその人に合うかどうかの問題だとは思いますが、僕も一橋に合格していなかったらその友人とともにサッカーを辞めてしまっていたかもしれません。

僕は改めて、一橋ア式蹴球部の環境にありがたみを感じました。高い志を持った部員達が集まり、OBの方々の支援もあり、凸凹だけど専用グランドもあり、人工芝で練習もでき、当たり前のように毎週末試合に出れ、対外試合はもちろん紅白戦もビデオで確認でき、都二部のチームには勿体ないコーチ達がサポートしてくれ、そして何より真剣にサッカーに取り組むことができます。
この恵まれた環境を活かすも殺すも自分次第です。最大限活用していきましょう。

 

最近の出来事
趣味模索中。
都立会をちょっとやりたかったりして。

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡