【ブログ】「味方を研究する」

March 23, 2016

 

最近プレーをしていて感じるのは、味方の動きを見ることの重要性です。シーズンの始めからチームとしてボールを大事に扱うことを一つのテーマとしていて、前と比べるとフリーランやサポートの意識がチームに染み渡っているのは間違いないと思います。

ですが、自分がプレーしているカテゴリーでセンターバックとして後ろから見ていて強く思うのは、各々が自分がボールを受けて自分で局面を打破しようとしすぎていることです。昨シーズンよりもポゼッションを大事にするサッカーをしているため、試合中に味方からのバックパスやキーパーからのパスを受けることが増えてきました。僕が意識しようとしているのは、センターバックなので相手にボールを奪われないことですが、味方のフリーランに合わせてチャンスだと思ったら迷わずロングパスをトライすることです。

 

自分でもまだまだできていないと思いますが、自分はボールをもらった時に味方のスペースへの動きやボールを呼び込む動きを見るように心がけています。しかし、時に味方同士の動きがかぶっていたり、せっかく味方が抜けたのにそこのスペースに入り込んでこず、同じポジションでボールを受けようとしているということがよく見受けられます。大口さんがフリーランの意識を強く根付かせようとしているのは、ただ単にロングパス一発で相手の裏をとるためではなく、フリーランとボールに近づいてくる動きのコンビネーションによってボールの出し所を増やしポゼッションを高めゴールに迫っていくためだと思います。そのためには、全員がボールを足元で受けようとしてもダメで、全員がうらぬけばかりをして自分の力でゴールを狙おうもしても成り立ちません。味方がフリーランをして相手のディフェンスをかき回しているのであれば、味方が作ってくれたスペースに入りボールを受けるとか、もしそれがダメなら一度そこから抜けて他の味方がボールを受けられるような動きをするといったことを繰り返し行うことです。

 

 

言うのは簡単ですがやるのは絶対に難しいと思いますし、センターバックでプレーしている僕が言うのも生意気かもしれないです。ただ、味方の動きを瞬時に研究できるようになれば今見られるようなボールの奪われ方や個々の孤立も減り4-3-3の強みが活かされると思います。そして、ディフェンス陣としては、その動きを無駄にしないようにボールを大事に前につなぐ意識をもっと高めていかないといけないと思います。

 

 

 

2.
4500円で温泉旅行は楽しすぎた笑
彼女作りがんばります

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡