存在意義

March 26, 2016

この一橋大学ア式蹴球部がなくても、世界は回る。
もしア式が存在しなくても、誰ひとりとして日常生活に支障をきたすことなく、生きていける。


ちょっと大げさですが、こんなことを考えたりもします。

ではなぜ、一橋大学ア式蹴球部は存在するのか。
何のために私たちは日々目標に向かって頑張っているのか。

以下は私なりの考えです。

 

ひとつは、自分たちのため。
部活において結果が全てではありませんが、自分たちの努力を証明してくれるのは結果でしかありません。
一部昇格という目標を掲げ、それに向かって仲間と共に日々努力する。極端な言い方をすれば最初にあげたこの理由は自己満足的なものなのかもしれません。

 

もうひとつは、応援してくれている人のため。
応援してくれている人がいるというのは偉大なことです。大変なことです。とてもありがたいことです。私たちにはア式に関わる全ての人の期待に応えるという使命・義務があるのだと思います。一部昇格という結果にこだわるのはもちろんですが、観ている人に感動・興奮・熱意が伝わるようなグッドゲームを追求する。
人は人のために頑張るときに大きな力を発揮できるのだと思います。だからこの部活は、少なくとも私自身はこの2つ目の理由が大きな原動力になっているのです。

人に感動を与えるということは大変なことです。人のために頑張るって素敵なことです。
そんな大変で素敵なことを今年こそこのメンバーで成し遂げたいです。

まずはアミノバイタル初戦、全員で観ている人にも感動を与えられるような試合にしましょう。

 

 

最近の出来事

ココナッツチップスの魅力に気づいてしまいました。
舞台芸術論ごはんは想像以上に楽しかったです。

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡