【ブログ】「思っていること」

April 2, 2016

毎度毎度、こんなはずじゃないのになあと思う。夜寝る前とか、朝チャリで向かっているときとか、部室からグランドへ向かいながら、ベンチにすわって紐結びながら、マネさんが時間ですって言ってくれるその瞬間までいろいろ今日はこうこうこういう話してこういう言い方で強調しよう~とか考えている。

でも話し始めると、なんていうかこう行き当たりばったりな話になってしまう。終わりの円陣も、ダウンしながらずっと考えているけど、黙想中はいつも、なんかうまくしゃべれなかったなあって思っている。

伝わっていますか、おれの言いたいこと。俺が大事にしたいこと強調したいこと。俺の話は毎回みんなのモチベを高く保てていますか。なにかはっとさせるようなこと、そうだなーと思わせること。そして実際にみんなの行動をよりよくできているでしょうか。

 

この前少し触れたけど、根っこのところは信頼している。みんなこのチームに対して思いをもっているし、それを表現しようとしていると思う。だから俺のコンセプトは、思い切って任せること。何も隠さず話すこと。みんなにはみんなが考えている以上に何かを考えたりトライしてみたり、人を引っ張る力がある。ただサッカーだけをさせるなんてもったいないと思っている。それをフルに活かせればGMなんて究極要らないし、それをフルに活かすためのGMなんだと思っている。そこに意図があるなら、そこに明確な理由があるなら、それがチームのためになるなら、やっていけないことなんてほとんどないんだって言いたい。最終的な責任はGMがとるから大丈夫です。君がこのチームに対してやりたいことをやってみればいい。

そうだから、本当の意味で主体的な人って、たとえば新しいこういうユニット作りたいです!とかこういうシステム考えたんですけどやるべきじゃないすか!とか言ってくるレベルかなって最近思ったりする。言うは易く行うは難し。GMが何を上からのうのうと思われるでしょう。けど一つ言えるのは、そう思ってくれた人に対して素直に提案とかアイデアを共有できるような雰囲気とか関係性を用意しなければならないってこと。こうした方がいいのにな、こうするべきなんだけどなって思ったときに4年とかGM主将とすぐ話し合えるような距離感を作る事。いつだって4年は新入生にとっては時代遅れだし、知らないうちに頭が固くなっていくものだから。そういう意味で俺も4年もまだまだだなって思っています。

 

練習前も練習中もダウンも部室でもみんなの顔色を見ている(つもり)なので浮かない顔している人最近ちらほら見つけます。怪我とか、私生活とかプレーの調子とかいろいろあってごちゃごちゃしているのかなって思う。「家をきれいに保つには人をよべ、心をきれいに保つには人に会え」という言葉があります。別に深刻に悩み相談しなくても、さらっと話すだけでも割と心晴れたりする。うちの部員はみんな聞き上手です。

 

チームがはじまって二か月はあっという間だった。二か月後は、もう開幕して四試合くらい終えている。先のことを考えがちだけど、今は大東に勝つ、そのイメージを頭で繰り返しています。今シーズン始まって一番強い相手じゃないかな。90分の真剣勝負、わくわくします。

 

最近の出来事

最近我が家きれいです。

先がないとわかっていても踏み込んでしまいがち。

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡