【ブログ】「イベント・応援ユニット長として」

1.思ったこと 今シーズンに入って、自分でも大きく意識が変わったなと思うことがあります。 それは、ピッチ外での貢献。プレー以外で一橋大学ア式蹴球部を強くしよう、という意識です。 大学に入るまではピッチ外での貢献なんてほとんど考えていなかったし、大学に入ってからもその意識はとても主体的なものではありませんでした。そんな自分を変えたキッカケは、4年のミーティングで議題に挙がった、「組織の成功循環モデル」に関する記事を読んだことでした。簡単に説明すると、良い組織は関係の質を最重要視してるよってことで、

①互いに尊重し、結果を認め、一緒に考える(関係の質)→ ②気づきがあり、共有され、当事者意識を持つ(思考の質)→ ③自発的・積極的にチャレンジ・行動する(行動の質)→ ④成果が出てくる(結果の質)→ ①信頼関係が高まる(関係の質)→ ②もっと良いアイデアが生まれる(思考の質) というように良いサイクルで回っていけるよ、ということです。詳しく知りたければ、「組織の成功循環モデル」で検索してみてください。たくさん記事あります。 じゃあ、うちの部で関係の質ってどうやったら高められるだろうって考えた時に、僕は自分のユニットがその役目を担うことができると感じました。 僕たちイベント・応援ユニットが起こす全てのアクションの根底には、この部の関係の質を上げる、という想いが込められています。 マシュマロチャレンジも、関西遠征でのNGワードゲームも、ボウリング大会も。成果は出ていますか?関係の質、上がってますか? 今後も、イベントやります。新入生も入ってきたので。リクエスト大募集です。

伝えたいことがブレてしまいましたが、自分がプレー以外でこのチームに貢献している実感がないという選手がいたら、まず始めに自分が所属するユニットってチームにどう貢献しているんだろうって考えてみたらいいんじゃないかということです。それが自分の中でしっくりきたら、いままでよりも主体的に行動できるようになると思います。

2.最近の出来事 ・飲み会もやります、キャパ70人の会場大募集。。 ・あとは特にないです。

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡