【ブログ】練習へのこだわり

April 15, 2016

先日アミノバイタルで大東に負けたわけですが、大東戦はピッチで出てる人、途中交代した人、ベンチで試合を見ていた人、応援した人それぞれの立場の人がどのように感じたのかはわからないですが、応援していた1個人の意見としては1部の壁は相当厚いなと感じたし少なくとも現段階では2部優勝、1部優勝するにはまだまだだなと感じました。

 

しかしリーグ戦が開幕するまで後7回しか練習がありません。その中でどれだけの人が1回1回の練習にしっかり取り組んでいるかつまり練習をこなしていないか各自に問いかけてみてください。

例えば、先日の対面パスを振り返ってみて、みなさんはどのように感じていますか?みなさんどういう意識で取り組みましたか?ボールを止めてから蹴るまでの時間はどうですか?ボールを止める位置は意識してますか?パススピードはどうですか?パスの精度はどうですか?最近の対面パスを見ていると、厳しく言うと大多数の人がただ来た球ボールをなんとなく止めてなんとなく相手に返してるように見ていると感じてしまいます。

 

4年生は3年間、3年生は2年間、2年生は1年間この部に所属して、いかに「1部昇格」という目標を達成する事がいかに難しいことかを体感し、知っているはずです。だからこそもっともっとチーム力を上げていかないといけないし、高いレベルのこだわりを持って練習に取り組まないといけないと思います。これはAチームBチーム試合に出ている出ていないに関わらずみんなにもう一度考えて欲しいです。練習中のパス1本にしてもトラップ一つにしても練習ではうまくいったかもしれないが、Aチームの選手だったら相手が大東だったらそのパスは通ったか?そのトラップの置きどころで奪われないか?今のはダイレクトパスが良かったか?今のは2タッチしてる余裕はあるか?試合を想定して常に練習中に意識して取り組んで欲しいと思います。それはBチームの選手も同じです。1部昇格するためにはチームとしてのレベルアップが本当に必要だと思うし、その第1歩は練習へのこだわりをしっかり持つことからだと思います。


最近の出来事
さいきの怠慢のせいで楽しみの一つを失った。

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡