【ブログ】このチームを思い出してきっと泣いてしまう

入部した当初、人生初の部活動をア式蹴球部で迎えた僕は上下関係に悩み、同期との関係に悩み、部への愛着は無く、サッカーに対してしがみつく形で部に残っていました。

サッカーが上手くなっていく実感もわかず、練習がない日は帰国生の友人や予備校時代の友人と遊び、正直なところサッカーをする以外で部にいる理由は無く、いつやめてもいいような感じでした。

下手くそでプレーでの貢献ができなかった僕の応援する姿勢を宮村さんに褒められた時や、渉外ユニットでえびさんに褒められた時はすごい嬉しかったです。のむさんや満井さんは、優しくて気を遣って僕に話しかけてくれたし、小泉さんには今もアドバイスを頂いています。最終節後の飲み会で田中さんにアイスを奢ってもらいながら熱い話ができてよかったです(田中さんのことですのでもう忘れているかもしれませんが)。人数が少ない中でも後輩を大事にしてくれたあの代が大好きです。

竹本さんや蓮さんは練習で空気が悪いと喝を入れて練習を締めなおしてくれました。金田さんは僕の調子が悪かったり悩んでいると『何考えてんの?』ってダウンの時に話しかけてくれて、モヤモヤしてる事をぶつけさせてくれました。あの代が持っていた『情熱』『熱さ』っていうのは僕らの中に残っているし、後輩たちにも伝えていきたいです。情熱を持ってサッカーをしていたあの代が大好きです。

一つ上の代はみんなめちゃくちゃ上手いしクールなのに内側はめちゃくちゃ熱い。不甲斐ないプレーをする僕に梶さんはLINEで発破をかけてくれる。中野さんはこれでもかっていうくらいに真面目で熱い。大口さんは病むほどにサッカーとこの部を愛してる。各それぞれの先輩がうちに秘めたる熱いものを持ってるし、そういうのを練習での球際とかで感じます。絶対に一部昇格っていう結果とともに引退させてあげたいです。

代が変わるごとにやはりサッカーも部活の雰囲気も変わるのはしょうがないです。でも各代がそれぞれいいところがあって、それがチームを一つにしてく。どの代もサッカーが好きでア式が好きで、それが否応なしに伝わってくる雰囲気があります。どの代も僕は大好きです。そんな中で夏の山雅を経て、飲み会を経て、日々の練習を経て、僕のこのチームへの愛情は日に日に増すばかりです。

同期とは軋轢もありましたが、今は本当にいいやつに恵まれたと神様に感謝してます。

ボキャ貧だけどまっすぐに想いを伝えてくれる仁賀。脳筋だけどストイックで真面目な錬。ぼーっとしてるくせに、話してみると色々考えてる事がわかるタクロー。笑いの錬金術師のけい。ウェイトや走り練を人一倍するビースト本間。体幹でアドバイスくれたり、悩み相談にのってくれる千尋ちゃん。人一倍落ち着いて大人な才輝。普段の会話の中で僕に多分に刺激をくれる宗。クソ真面目で本当にいい奴な白藤。怪我に悩まされてるけど、熱いハートを持ってる達也。7月に圭吾と仲直りさせてもらったり、香苗ちゃんの優しさに本当に救われてます。日を増すごとにどんどんと頼もしさが増す健也には本当に信頼してて、いつもくだらない愚痴をぶつけてしまってます。僕らの代に圭吾がいてくれてよかったし、あいつがうちの代のGMでよかったです。

朝起きて、サッカーができるっていうのもそうだけど、みんなに会えると思うだけでワクワクします。引退して、卒業して、就職して仕事しながらふとした時に、このチームを思い出してそれこそきっと泣いてしまうほど、僕はこのチームが大好きです。

チームは最近雰囲気が良くないけど、でも僕たちは絶対に変えていける。

¡Hala Ashiki! ¡Pisca Ashiki!

最近の出来事

・サッカー上手くなりたい

・字数多くなるので書けなかったけど、下の代も大好きです。

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡