私がア式でマネージャーをやる理由

April 24, 2016

 

 

 一橋大学の新歓期は4月下旬に終わり、5月が始まる頃には多くの一年生が所属する団体をみつけ、大学生活の新しいスタートをきる。ア式蹴球部でもすでに多くの入部希望者が入部を決め、チームに溶け込み出している。

 

 ア式蹴球部においてマネージャーの役割は単なるボール拾い、水汲みではない。食事管理、フィジカルトレーニング、スケジューリング等多岐にわたる。そんなア式蹴球部マネージャーとして三年前、そして昨年入部を決めた四年生の山崎光(写真右)と二年生の鹿嶋茜(写真左)はマネージャー業においては特に目立つ二人である。山崎はマネージャー長として、現在所属する10名のマネージャーのトップとして多忙な日々を送る。鹿嶋は、2年生ながら多くの仕事を引き受け、特にイヤーブックなどのコンテンツ系の仕事では先輩も舌をまくほどの働きぶりである。

 

 プレーヤーはサッカーが好きであれば、特に迷う理由もなくサッカー部に入部することが多い中で、彼女たちはどういった経緯でア式蹴球部を選んだのだろうか。二人のマネージャーにこれまでの経緯と、ここまででア式で感じてきたことについてインタビューを行った。

 

 –二人がア式蹴球部に入部を決めた理由は何ですか?

 

山崎

『私は文系サークルにちょっと興味がちょっとあって。高校でもサッカー部のマネージャーをやってて、大学ではもういいかなって思ってて。

違うことをやりたいな、と思って(サークル紹介で)見に行って、楽しそうだなとは思ったけど。ただそれは楽しそうだな、ぐらいの感じで。他のサークルも見ようとウロウロしてたんだけど、運動系サークルは超チャラくて、げんなりして。

体育会の方はちゃんとやってるのかなって思いながらア式のブースに行ったら、すっごいいい団体だったからその場で入部を決めました。』

 

鹿嶋

『私はサッカーはあんま考えてなかったんですけど、大学生活で何かに打ち込みたいという気持ちが強くて、(高校時代までプレーしていた)テニスを続けるか迷ってテニスサークルを見に行って、体育会のテニス部も見に行ったんですけど。ただどちらでも打ち込むという感じではなかったし、自分とは雰囲気が合わないなと思いやめました。打ち込むとなったら体育会かなって考えはじめて、その中でア式が一番雰囲気が良かったし人が好きだったから、ア式に決めました』

 

 

 –新歓期に色々な団体を見たと思うのですが、その中で感じたことはなんですか?

 

山崎

『新歓期に、いろんな団体を。。。見てないんですね、私(笑)』

 

・・・では茜ちゃん(笑)

 

鹿嶋

 

『いろんな団体にいろんな色があって、それぞれの人の雰囲気とか団体の風習とか色々あると思うんですけど。そういったもので所属していく団体を決めるのがいいかなって思いました』

 

 –体育会系で良かったことはなんですか?

 

山崎

『体育会系で良かったこと。。。やっぱり真面目にスポーツをやっている人が多いから、礼儀とか挨拶とかそういう部分を自他共にしっかりやらないといけないなっていう雰囲気があり、人して成長する上で基本的なところが身につくと思います』

 

鹿嶋

「何か打ち込めるものがあることで、大学生活全体が引き締まるというか、何かが絶対に得られるという確証が持てるし、なぁなぁに大学生活を終えずに済むかなって思います。」

 

 –マネージャーを決意した理由は何ですか?

 

山崎

『なんで笑うの(笑)!自分がプレーできないから(山崎は熱狂的なFC東京ファン)』

 

鹿嶋

『サッカー好きですもんね(笑)』

 

山崎

『サッカー好きで、私がサッカーとこういう形で関わるにはマネージャっていう選択肢しかないから、自動的に私にはこの道しかないと思っています(笑)

 

鹿嶋

「最初は興味なかったんですけど、体育会が良かったっていうのもあるし、 一生懸命やっている人を一番そばで応援できることって素晴らしいなって思って決めました』

 

 

 –ア式の良さは?

 

山崎

『ア式の良さ!?ざっくりだなぁ~。マネージャーの良さ?』

 

 –なんでもいいですよ!僕は上下関係の垣根がないところと最高のマネージャーがいることがア式の良さだと思っています!

 

山崎

『ありがとう、よいしょしてくれて!!

ア式のいいところは、結構本音をさらけ出して部活をやってる人が多くて、それは良くも悪くもみたいなところになってくるけど。自分が本音とか本気みたいなものをそれだけ出せるっていうのは、一緒の目標に向かって頑張る仲間に対してだからできるっていうことだと思うから、そういう仲間がいるということがまずいいこと。そしてそういう仲間に伝えたいことを伝え、相手の気持ちを聞いてっていうコミュニケーションを取る部分がア式のいい部分だと思う』

 

鹿嶋

『ひかるさんがいってたのと、あとみんな真面目でサッカーが大好き。一人一人が真剣に部活と向き合ってて、マネージャーを含め部活のことをいっぱい考えている人が多いなって思います』

 

 –自分の良さ。それはどうア式で成長したか、どう還元したか

 

山崎

『それは私が今就活のESで悩んでいることだ(笑)

良さというか、強みだなって思うのは全体を見ること。

自分のことに集中しつつも周りを見てバランスをとるというところは得意だなって感じている。けど、それは最初から得意だったわけじゃなくて、それはマネージャという仕事をやる中で色々考えて、行動した積み重ねが視野広く全体を見るっていうところにつながっているかなって思います』

 

鹿嶋

『私は本当に自分の良さがわからないのですが。。。どうしましょう』

 

 –茜ちゃんはまだ二年生だから、この先自分の良さを見つけていってね!

 

 –それでは、人として、そして一部員としてア式で得たものは?

 

山崎

『サッカーが好きでよく試合を見るんだけど、マネージャーをやる前にサッカーをみは

じめていた頃の見方っていうのはスタンドから試合を観るっていう部分でしかなかった。それが特に大学のマネージャーをはじめて、すごい練習に関わるようになって、応援する時はスタンドから客観的だったものが、練習する選手と同じフィールドに立ってボールは蹴らないけど、マネージャーの仕事をして一つ一つにプレーに関わるようになった。それから、プレーヤの一つ一つのプレーへの、サッカーへの見方が変わりました。

人としてマネージャとして得ているものは。。。今得ている途中なんだろうなと思う。ア式を離れて社会人になってからちゃんと分かることだと思うけど。何をやるにしてもそれを一緒にやる人たちとの関係性って大事だなって思ってて、それは同期でも、マネージャでも同じで。その信頼関係がめちゃくちゃ大事っていうのは、今までの部活生活ですごく感じています。

得たことは信頼関係がめちゃくちゃ大事っていうことを知ったこと』

 

鹿嶋

『マネージャーとしてア式で得たものは、一つの団体として大学や部会の人と関わる中で、一つの団体として関わるから私の印象がア式の印象になってしまうという責任があるし、そういう責任を負ってるっていう自覚を持つことでいろんなことに注意しながら行動するうようになりました。視野が広くなったなって思います。いろんなことに気配りして、やっていない事に気づくのもそうだし、プレーヤーで怪我してる人が足かばってるな、っていう事に気付かなくちゃいけないって思い始めたから視野が広くなったなって思います。

人としては、組織の中でどれだけ自分が組織に貢献できるかっていうこと考えたときに、自分が気づいたことをちゃんと発信しなきゃいけないという事にも気づいたし、自分が組織の中でどうやって振る舞うかっていうのを考えるようになりました』

 

 –最後に体育会マネージャーをやるか迷う人に向けて

 

山崎

『マネージャーの仕事って、その部によって求められていることが全然違うんだけど、どの部でも言えることはすごい当たり前のことだし、誰がやってもできるような事ではあるんだけど、それをいつもできてる状態を作る。

当たり前のことを当たり前のようにやり続ける、っていうことの大変さはあるし、それをやったからって一々褒めてもらえるものでもない。シュートを決めて点を獲るプレーヤーに比べたら全然注目される部分ではないんだけど、でもそういうものがあるから、ア式でサッカーをできる人たちがいる、のかもしれないし、私はそういう気持ちでやっています。マネージャーの仕事っていうのは練習の質を上げることができるし、練習の質が上がれば選手の質が上がるし、選手の質が上がればチームの結果も変えられるかもしれない。うちの部だったらそれが最終的に一部昇格っていうものにつながる。その最初の一歩というか、根底の部分に関わっているのがマネージャーだと思います。だからやりがいと責任がすごいあると思います』

 

鹿嶋

『マネージャーの仕事はやりがいがあって、大変ではあるけど自分も成長できるしやりがいと責任を持つことで生活が充実するので、大学生活4年間を決める大事な決断なので自分が合うと思ってここにいたいと思う団体にしっかり悩んで決めてくれたらいいなって思います』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡