【ブログ】実感

思ったこと

今僕を含め四年生は就活をしています。そこで本当に様々な学生と出会い、談笑することがあるのですが、その中で興味深い出来事があったので書こうと思います。その学生はラクロス部に所属していて、ゴーリーを務めていました。しかし、当初ラクロスをする気がなく、高校までやっていたサッカーのGKを続けようと思っていたそうです。しかし、大学ではセレクションに落ちてサッカー部に入ることができず、どうせなら名残があり、真剣に打ち込めるものをということで今活動していると言っていました。私にサッカーを続けることができて羨ましいとも。

「サッカーができて羨ましい。」これは小泉さん、金田さんなどOBの多くの方が私達に向けて言う言葉ですが、いずれも好きなサッカーを四年間やった上での言葉です。しかし体育会でサッカーを望むほど好きなのにその環境に立つことすらできない人もいるということを知りました。新歓してもらって、サッカー部楽しいよ、一緒に一部目指そう!そういってもらえる環境の大切さ。四年間サッカーのことを第一に考えてくれる仲間だけでサッカーをやれている環境の大切さ。今一度実感してください。

また、久しぶりに怪我で抜けたので外から試合を見た感想を少し書かせてもらうと、皆サッカーをほんとに楽しんでる?点を決めればうれしいのは当たり前で点を自分たちがとるということは自分たちもまた取られるということ。自分が良いプレーをして相手を出し抜くということは相手もまた自分たちを出し抜くということ。その一連の流れがサッカーであって、それを楽しまなければいけないのではないか。勝ってるから笑顔が出るのは当たり前だけど負けても笑顔でプレーを続けなければいけないと私は思う。試合中沈んだ顔して、切り替えろって言うけど、それって楽しんだ上でするプレーなの?これが絶対に正しいとは言わないし僕の主観だから間違っているかもしれない。相手巧いな、やられた、次はこうしてみよう。うまくいかないな。じゃあこっちはどうだ。笑顔でこんなこといいながらDFしてくるチームの方がやってて嫌だし、絶対強い。余裕があるし諦めていないって思える。そういう姿勢が楽しむってことだと思うし、そんなチームになれたらいいなって思うし、そんな選手に僕はなりたい。

最近の出来事

サッカー部と気づいてくれる人がいない

夜の屋台のおじさんは目が合うとリンゴ飴とかたこ焼きタダでくれるのでオススメ

近藤おめでとう

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡