【ブログ】チャンスの順番

リーグ戦が3節まで終わりました。シーズンインしてからを振り返るとあっという間だったように思えますが、第18節までの長いシーズンを考えるとまだまだリーグは始まったばかりでしょう。

ここ数試合でリーグ戦に初出場する選手が次々続々と現れて凄いことだと思うし嬉しい気持ちもありますが、それと同時にリーグ戦に出場することだけで満足してしまったり、リーグ戦に出場することだけが目標になってしまう選手が増えてはいないかが少し不安です。

本当に生意気なことを言うことになってしまうのは百も承知ですが、客観的にみて最初からピッチ上に立つ11人とベンチや応援席からキックオフの笛を聞くメンバーの間には多少なりとも差があるのが現状ではあると思います。

それでも、残りの約半年にも及ぶ15節の試合を現在スタメンの11人だけで戦い抜くことは不可能です。疲労の蓄積、出場停止、負傷等によって今の11人が試合に出れない、つまり今ベンチや応援席にいる人たちに出番が巡ってくる、そんな状況は必ず訪れます。事実として、6月の第1週のリーグ戦には就活の関係でほとんどの4年生が試合に出られない可能性が高いです。

そんな状況が自分にやってきた時にチャンスと思える人はどれくらいいますか?スタメンで自分の名前が呼ばれた瞬間、「はたして俺に○○さんの代役が務まるのか?自分のミスで負けてしまわないか?」という不安に駆られるのか、それとも「ようやくスタメンの座を奪うチャンスが巡ってきた」という熱い気持ちを持てるのか、それを左右するのは日頃の取り組みの姿勢です。 もう自分はトップで出れそうにないから…まだ自分は一年だから…自分の実力がちゃんと評価されていないから…怪我をしているから…途中からでも試合に出れればいいから… 今の気持ちで練習していたある日、もし自分に出番が回ってきたら自分はどう思うのか。今一度問いただしてみる必要はあるのかと思います。

最近の出来事 リベンジせねば。 授業中にまで乃木恋やってるのってどうなの

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡