【ブログ】「怪我」

May 18, 2016

最近、人生で初めて長期の怪我をして、練習をグランドの横から眺めるという不慣れな体験をしています。僕が怪我をしたのはリーグ戦が始まるちょうど1週間前で初めてA2に呼ばれたときでした。その時はもしかしたらリーグ戦のベンチ入りできるかもしれないと、すごくモチベーションも高く、いつも以上に頑張れる気がしていました。しかし、相手がゴール前で後ろを向き、奪ったら大チャンス、自分の見せ場だと思った瞬間での怪我になってしまい、足をひねって自分で立ち上がることもできないと自覚した時には悔しい以外の感情がなかったです。
 今となってはそんな気持ちも収まり、今自分ができることをやろうという地持ちになっています。練習ができない分、他の人たちがしてるところで声を出したり、一年生に色々なことを教えたり、自分にできることをしています。しかし、やっぱり、リーグ戦に同期が次々とデビューしたり、一年生がベンチ入りしたりしているのを見ると焦りの気持ちが芽生えてきて、怪我なんかしてる場合じゃないと思ってしまいます。また、一年生がたくさん入り、競争率が高くなった今、怪我から復帰した人がなかなか上のカテゴリーに上がれないのも見ると、自分が復帰した時に人の何倍もの努力が必要となるなということも感じます。同じ怪我人でも、僕は初めてで早く練習したいなという気持ちでそわそわしてますが、げんきとかを見ると練習に参加したいという気持ちを持ちつつもリハビリに専念していて見習わなければと感じます。医者には痛みが取れるのはまだまだと言われましたが、自分のためにもチームのためにも早く治して復帰したいです。

 

最近の出来事
再履なのにもつが1秒も授業聞いてないです。
怪我人として4審行くの実はそんなに辛くないかも

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡