【ブログ】「学んだこと」

June 7, 2016

春季リーグも残り3節で、今季は多くの同期がリーグ戦に出場している。同期の活躍は嬉しいけれども、悔しさもある。ベンチにすら入れない自分を情けなく思う。毎週土曜の夜のメーリスを見て、ため息をつく。一晩経って、本気で応援する気持ちを持って、日曜を迎える。チームが勝つのは嬉しい。応援も好き。ただ、やっぱりピッチに立ってプレーがしたい。プレーでチームに対して貢献したい。

 

春季が開幕する前、厳しい言葉をかけられた。「変わらないとずっとBチームのままだよ。ベンチには入れない。」正直腹も立った。でも、文句を言ったって何も解決しない。ここが、自分の現在地。過信してはいないか?本当に最高の準備をしていたのか?自分を見つめ直してみた。行きついた答えはやはり「変わる」。今までのようにやってたら、おそらく成長はないんだろう。もっと高いレベルを自分に求めていこう。そのためには、変わることが必要だと思った。そこから、意識的に声を多く出したり、もう一歩相手に寄せたり。実際、今までより声は出すようになったと思う。ただ、それは主観であって、客観的意見ではない。現状、結果として結びついていないからまだまだなんだと思う。もっともっとやんないと、もう一段階上には上がれない。

 

まだまだ足りないことが多い。それでも自分の取り組みは間違ってはいないと思う。一週間ごと、どんどんレベルを上げていけばいい。結果が出ないのはその週の取り組みのレベルではダメってこと。次の週にしっかり活かせばいい。自分は何が出来るのか、何が良くなったのか、何を改善しなければいけないのか。反省と改善の繰り返し。すべては自分の成長のため。それは後にチームの成長につながる。自分がチームを強くする。最近はそんな気持ちが強くなった。

 

今の自分の現状を変えられるのは自分自身。Bチームでくすぶってる人。スタメンではなくなった人。途中出場できない人。自分の立ち位置に満足している人は多くないはず。それでも、文句を言う前にやるべきことがある。これは、今季自分が学んだこと。明日、最終節、一年後の立ち位置を変えるのは今日の自分。

 

最近の出来事

・ロードバイクで遠出しようと思います。

・嫉妬してないです。

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡