【ブログ】「入部して」

わたしがア式に入部してから約2ヶ月が経ちました。私は受験生時代から去年の新歓PVを見て、その時から合格したらア式に入りたいって思っていました。他の体育会の団体の新歓イベントにもたくさん行きましたが、その気持ちは変わりませんでした。だから今、実際に一部員として活動できているのが本当に嬉しいし、部活が本当に楽しいです。でもただ楽しいからというだけじゃなくて、ア式に入部してよかったと思える理由が他にもあります。

私は中学のころは水泳部でしたが、一応、みたいなレベルだったし、高校のときも帰宅部だったので、体育会の、しかもチーム競技の部活に入るのは生まれて初めてです。そのせいか、周りを見て、自分が全体のために何をすべきかをすぐに判断しなければならないのは本当に難しく感じます。とくに入部したての頃は、先輩マネージャーさんの指示待ちをして、指示されたことをして、の繰り返しだったし、お水入れるのがわかりやすいからと思って、ひたすら水の補充ばっかりしていました。そのときは周りを見て、というよりも、自分のできることは何かっていう基準だけで行動していました。まだまだ視野が狭くなることも多いし、先輩に教えてもらっている段階ですが、指示を待っていただけの頃に比べると、周りを見て自主的に判断し行動できるようになったと実感しています。また、それらの自分の行動には常に責任が伴っているのだということも、強く意識するようになりました。

他にも書きたいことはいろいろあるのですが、まとめていうと、ア式は自分が成長できる場だと感じていて、それが入部してよかったと思える理由の1つでもあります。主観的な理由ではありますが、自分が成長することによって、自分のチームへの貢献度も増すのではないかと思います。素敵な先輩方や同期のみんなと1つの目標に向かって一緒に活動できているのはすごく楽しいですし、そんな環境のなかで成長できるなんて本当に幸せです。まだまだ見習いの段階ですが、チームの勝利に貢献できたと胸を張って言えるようなマネージャーになれるように精一杯頑張ります。

最近の出来事

方言ツッコマれるの未だに慣れません

「ゆるしてやったらどうや」が伝わらないカルチャーショック

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡