【ブログ】「上へ上への向上心」

July 23, 2016

1.中断期間が始まって三週間が経ち、初めてのブログが回ってきた。何を書こうかずっと悩んできたが、自分が思ってる事を書こうと思う。

新歓期にア式のビデオを見て思った事、「スゲェ〜上手い、生半可な気持ちでスタメンとるなんて口が裂けても言えない。でもここならガチでやれる」。実際全然甘くなかった。一回戦を外で見てて、二重に悔しかった。チームが負けた事、そして、自分がピッチにすら立ててない事。その悔しさを胸にサッカーをしてきた。怪我もあって、遅れをとって焦る日々が続いていた。恐らく今でも、焦ってる気がする。そうでもしないと努力や辛い事が嫌いな自分が出てきて、現状に満足しかねないからである。

話は中学時代に遡るが、俺はクラブチームでサッカーをしていた。スタメンを捨ててまで、自分のやりたいポジションで勝負しなおした。でも、壁は高く、レギュラーを完全に奪い切ることなく、自分は中3で、受験を選び、サッカーを諦めた。少なからず逃げの気持ちがあったのは間違いない。今では当時の自分に後悔がある。

話は今に戻るが、壁が高いのは今も同じ。でももう、逃げる場所はどこにもない。確かにA1の先輩、そして、そこに加わろうするメンバー達それぞれに強みがある。しかし、自分が全てのポイントにおいて、その一人一人よりも劣っているのかといえば、そうではないと思う。必ず勝てる部分はあるわけだし、そうであるならば、必死にもがいてみようと思う。限界を決めた時点でそれ以上の成長はない。先輩達から吸収出来るものは吸収し、もっとうまくなりたい。

今サッカーが楽しくて仕方がない。ただ、楽しいだけのサッカーだったらア式でやる必要はなかっただろう。必死になって、考えて、努力し続けるようにして、上を目指したい。もう一度サッカー馬鹿になって、何よりもサッカーを大事にして取り組んでいこうと思う。もう二度後悔しないために。

最後に最近色々あって、いろんな先輩達と話す機会が多かった。そこで感じたのは、四年生だけではなく、他の学年の先輩までもが部の事を凄く考えていたこと。この環境でやらせてもらえることに感謝している。だからこそ、この先輩達と戦って、勝ちたい。

 

 

2.そろそろ真面目キャラは勘弁して欲しい。

この夏のやまうちこうへいに期待してます

 

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡