【ブログ】「目指すべき姿」

August 31, 2016

ア式に入部してもう四年目の夏が終わろうとしている。大学に入ってサッカーを続けることに決め、中でも雰囲気が良かったア式に入った。ノリで入ったようなものだったが入った後には不満だってあった。辞めることも一時期考えた。他の四年と違って自分は異質な存在だと思う。自分がア式という組織を好きになったのは遅い時期であったように思う。その時と前の自分との変化はなんだろうかと考えた。一番大きな要因はおそらく自分で考えるという能力が高まったことだろう。この部活はボトムアップをとっているだけあって強制的ななにかは基本存在しない。皆課題を自分で考えて、それを超えるための努力を自己でなさなくてはならない。自分で考える力、自分で何かを切り開く力がないとこの部活にいても面白くないだろうし、辞めてく場合もあるのかと思う。反面それができるようになると意外と楽しい。自分に足りないものを考え、客観的に聞きに行き、修正する。そうして乗り越えるたびに喜びが湧き上がる。こうした視点を持てて始めてア式にいる部員のレベルの高さや魅力が分かってくる。おそらく今部員の中にはあまり面白くサッカーをやれてない人もいると思う。周りの指示に従ってしまっている人もいると思う。そうした人たちが自分のように変化してくれることを期待している。自分が引退するまでにそのような人全員になるのは難しい。だから既に出来ている人がいまだ出来てないやつを引き上げてあげてほしい。そうした集団こそが最強の集団で目指すべき姿だと思う。

 

最近の出来事
クリじゃねえから

 

 

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡