【キーパー募集中】

September 17, 2016

ゴールキーパーは汚い

 

ゴールキーパーは臭い

 

ゴールキーパーはかっこ悪い

 

これらの形容詞の頭文字をとってキーパーは3Kだと表現されることがある。確かに、雨の日とかに小平で練習すると泥ダルマになるほど汚くなるし、それに汗がしみこんだりすると異常に臭い。キーグロは言うまでもない。サッカーをあまり知らない人にとっては、1人だけ違う格好をして、華麗にゴールを決めることのない守備専門のキーパーはかっこ悪いのかもしれない。よく友達にも、なんでキーパーなんか始めたのかと聞かれることがある。その質問にはいつも適当に答えて流していたが、本音を言うならばキーパーが1番やり甲斐のあるポジションだから。強いシュートがくるとぞくぞくするし、ファインセーブをしたときはめちゃくちゃ気持ちいい。PKを止めたときの興奮を超えるものは今まで味わったことがない。でもその分責任も相当伴う。一つミスするだけで失点につながるし、1番後ろにいる分チームに与える影響も大きく、自分が不安定なプレーをしているとチーム全体がぐらついてしまう。その試合が締まったものになるかはキーパーにかかっていると言っても過言ではないと思っている。そんな責任感を伴うポジションだからこそ自分はやり甲斐を感じている。だからこそキーパーはやめられない。

 

だらだらと自分のキーパー観を語ってきたが、最後にブッフォンの名言を一つだけ。

 

〜フットボールとは実にシンプルなゲームだ。俺が全てのシュートを止めればチームは負けないのだから〜

 

これはブッフォンくらいの実力があって初めて説得力を持つ言葉であるが、キーパーをやっている以上これは究極の理想だ。あいつが止めてくれるから安心して攻めることができる。あいつが止めてくれたから試合に勝てた。そんな風に言われるために、今は目の前のこと細かいこと全てにこだわって、一歩ずつこの究極の理想に近づいていきたい。

 

 

最近の出来事

平野、、、

次はりさこに頼もうかな

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡