【ブログ】「一生懸命」

September 23, 2016

1.ア式では入部してからいろんな方が1部昇格したとき自分が1部に昇格させた、って自信を持って言えるようにしようというようなことを円陣でおっしゃってきました。私もその目標をみんなで持っているのは組織として素晴らしいと思ったし、自分が1部昇格に貢献した、と言えるようになりたいと入部してすぐ思うようになりました。

ですが、仕事を本格的にやるようになって、自分は上マネさんに比べて周りが見えてないし、ミスはするし、効率は悪いし…といった感じで考えすぎかもしれませんが、足を引っ張ってるのではないかと思うようになり、一年マネが1部昇格に貢献できるってどういうことだろう、あるのかな?と考えてしまうようになりました。プレイヤーなら1年といってもプレーで先輩に匹敵し、チームを底上げすることは出来るけどマネージャーは大切なところは上マネさんがやった方がいいし…と思ってしまう自分がいました。

でもこういう考えはよくないと思い、自分なりに考えたのは横断幕にも書いたんですが、常に一生懸命取り組むことです。仕事はまだまだですが、例えば球拾いや、荷物の移動を走ってやったり、体幹の声を聞こえやすいように大きな声でやる、といったことを意識して部活に取り組むことで周りに少しでもいい影響、雰囲気作りが出来たらな、と思います。そしてもちろんもっと仕事をちゃんと覚えて、視野も広げ、自分で動けるようになるように頑張っていきたいです。また、これはマネージャーの仕事だけに対してだけではありません。一年生の話し合い、応援などに対してはプレイヤーと同じくらい一生懸命取り組み、チームにとってプラスになろうとする意識を持って過ごしたいです。

2.売れないアイドル応援するの楽しいです。
   2回行っただけで認知もらえました。

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡