【ブログ】「染まる、燃ゆる」

―――ア式でうれしいこと、たのしいこと

勝ったとき。

そのあとのチームのあの雰囲気。

さらに自分も活躍できたとき。

その試合のハイライトをみるとき。

スタメンを勝ち取ったとき。

点を取ったあと応援側に走って向かうとき。

調整のときのサッカーバレー。

のぎさん、甘利さん、松井さんとかとふざけるとき。

学年対抗戦で4年生に勝ったとき。

ア式の人と行くメシ。

けんやが点取ったとき。

自分の代わりに入った奴が活躍したとき。

梶さんと帰るとき。

おめでとうの自販機。

後輩から頼られたとき。

オフの日なのにア式と過ごすとき。

―――ア式で悔しいこと

スタメンを外されたとき。

試合で全然ダメだったとき。

チームの雰囲気を変えられなかったとき。

交代されたとき。

自分の代わりに入った奴が活躍したとき。

ラントレで100を出せなかったとき。

ケガをしたとき。

決定機を決められなかったとき。

学年対抗戦で2年に負けたとき。

後半から出てきたけいごに全部持ってかれたとき。

練習を外から見ているとき。

内面の吐露みたいなことをだらだらと書いたり、自己啓発めいたことを吐き出してみたり、チームを俯瞰して説教たれたりすることが多かったので、今回は極めてシンプルに。ちょっとハッピーに。でも紛れも無い事実を書きだしてみた。思いつくままに思いついた順で。多分もっとある。

今の自分の喜怒哀楽は全てア式との関わりの中で生まれているといってもいい。

気づけばア式は人生の中で一番好きな集団になっていた。中学、高校は3年間という期間が一区切りではあるけど、そのそれぞれの3年間で培ったものとは比べられないくらい、このチームで3年目を迎えている今、自分は濃密な時間を過ごしていると思う。チームや仲間に対する愛着をこれほどまで感じたことはないし、この最高のチームの一員でいること、歴史あるチームの伝統を受け継いで、今このメンバーでまた新たな歴史を作ろうとしていることを誇りに思う。

一炎。

とても素敵なスローガンだと思う。

部員全員のモチベーションを、熱量を、愛を持ち寄って一部昇格を照らしたい。

2.最近の出来事

健康第一。

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡