【ブログ】「礼に始まり礼に終わる」

1思っていること 先週のサタデーの試合でふと思ったことがあるので書きます。 僕は毎回試合の時に必ず大切にしていることがあります。それは試合の最初と最後のセレモニーで握手するときに絶対に相手の目を見るということです。でも、相手選手と目があうことがとても少ないです。手元を見ていたり、顔は見てるけど顎しかみてなかったり… 試合後はさらに酷いものです。それ握手ちゃうやんタッチしてるだけやんけっていう感じのもあったりします。 試合前後のいわば挨拶ぐらいで気にしすぎかもしれませんが、これから試合をするもしくは試合が終わった相手選手との挨拶ぐらいしっかりしてリスペクトしてるっていう表現をするのはとても大事なものだと思います。 また、ただリスペクトを表現する儀式っていうだけではなくて、しっかり相手の目を見て握手することは試合前の気持ちの余裕を生むんじゃないかって思います。なぜだかはわかりませんが、これも僕が絶対に相手の目を見るようにしていることの1つの理由でもあります。 そしてもちろんセレモニーは相手選手とだけじゃありません。必ず審判とも握手をします。審判側としても選手と目をみて握手することで気持ちに余裕ができるはずで、そのことがいいゲームに結びつくのだとも思います。 もちろんこれだけが本質ではありませんが、リスペクトを表す1つの表現として、セレモニーをいいものにできればいいなと思いました。 2最近の出来事 最近バイクモチベがあがってる 2限ほんとに申し訳ないです…

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡