【ブログ】「幸せ者」

October 14, 2016

最近自分はすごく幸せ者だなと思うことがよくある。

 

 

4年間本気でサッカーに取り組めることは当たり前のことではない。

 

4年間サッカー以外のことに頭を悩ませたことはほとんどなかった。練習中はもちろん、朝起きてご飯を食べる時も、授業を受けてる時も、就活している時も、夜寝る前も、常に頭のどっかにはサッカーがあってア式があった。

四六時中、サッカーのために、ア式のためにを基準として行動できていたのはすごく幸せなことだと思う。

 

この4年間の濃密な時間はいろんな奇跡や多くの人の努力の上に成り立っているものだと最近ひしひしと感じている。

平和な国に生まれたことも、生活をするのにお金に困らないことも、サッカーができる健康的な身体も、試合会場に行けば審判がいてバチバチの試合ができることも。

全部当たり前ではないし、自分達がサッカーをする裏では本当に多くの人が支えてくれている。

 

今までもいろんな人に支えられてる感覚はあったけど、最近は特にこれを感じています。

 

 

 

いろんなチームがある中でア式という素晴らしいチームの一員でいられることは本当に幸せだと思う。

ア式のことは1年生の頃から大好きだったけど、4年目を迎えて、最後に怪我をして、この気持ちが強くなっている。

上級生になってチームのことを考えるようになってから、ア式の良い部分、仲間の良い部分がたくさん見つかった。

 

ア式のおかげでサッカーができなくなってからも、濃密な時間を過ごすことができている。たぶんア式じゃなかったら怪我をした時点で毎日をなんとなく過ごしていたと思う。

ア式だから、今でも目的を持って練習に行くことが出来ているし、怪我をしてからも学んだことはいくつかある。

 

日生に負けた後の火曜日の練習に向かう時、ふと武蔵に勝って昇格を決めた瞬間が頭に浮かんだ。その時鳥肌がたった。これほどの興奮を味わうことは、これからの人生でもうないかもしれないと本気で思う。

 

 

 

 

 

 

そして今一橋大学ア式蹴球部は幸せな状況にいる。消化試合として残りの試合を迎えることになったチームもいる中で、残り2試合となっても、昇格を争ってすごい緊張感の中で試合を迎えることができる。そしてその試合でピッチに立てる11人+αは本当に幸せ者だ。

 

 

プレッシャーを感じることもあるかもしれないし、うまくいかなくてやばいって思うこともあるかもしれない。どんなことが起きてもこの幸せな状況を噛み締め、残り10日をみんなで全力で楽しんでいこう。

 

 

最近の出来事

自転車に乗れるようになった。

 

 

玉水にスーツ着てたのは内定式だったからですか?って聞かれた。バイトのためです、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡