【ブログ】「ア式」

October 21, 2016

ア式は良いチームだ。プロは目指さないが、サッカーに学生生活を捧げる覚悟をした75人がいる。全員が自分と部を結び付けて、必死に考えながら活動している。

 

スタメンとして周囲を姿勢で引っ張る人がいる。Bチームの与えられた環境で全力を尽くす人がいる。マネージャーとして出来ることを必死に探す人がいる。チームにいる意味と貢献を常に探している人が圧倒的に多い。どんな貢献の形もその人が自分と向き合って考え抜いた結果生まれたものである。一橋の良いところと強みはここにあると思う。

 

このチームが多くの人から愛されていることも4年間で実感した。OBや保護者、友達などたくさんの人が応援し、支えてくれている。理念の一つ目に『この部に関わる全ての人々に「勝利と感動」を与えていくことを目指します。』とある。他の部では成し得ない、この部が存在する上での大きな価値だと思う。その想いを受けながらサッカー出来るのは幸せである。

 

最後に1,2年生に伝えたいことは、4年通してサッカーを楽しんで欲しいということ。常駐する指導者がいないこの部での4年間は本当に学ぶことが多い。学年が変われば考えることも大きく変わる。悩むこともあるだろうけど、たくさん同期がいるから大丈夫。1,2年の明るさが今年のチームの明るい雰囲気を作ってくれたと思う。本当にありがとう。

 

3年生は最高学年を楽しんで欲しい。まだまだな部分も当然あるけど俺らの代よりもサッカーにストイックなやつが多くて、ア式を強くしたいという想いがあるやつばかりだ。全員で想いを合わせられれば必ず来年1部で関東を目指せると思う。絶対応援しに行きます。

 

ただ、そうは言っても最後の土日はまだ俺らのシーズンだ。一番大事なことをやり残している。先週の金曜日、円陣で堂々と戦おうと言った。学習戦は全員がそれを体現してくれた。ピッチに立った選手はチームの代表として最高のパフォーマンスを見せ、応援は御殿下をホームに変える程だった。結果、勝てば昇格という権利を最高の形で得ることが出来た。

 

最後の3試合も同じく堂々と戦おう。毎週のリーグ戦に臨むのはその週の最高のチームでなければならないと言っているが、23日に75人そろって戦うチームは今年で最高のチームだと信じている。俺の長かったサッカー人生はここで一区切りになる。だからこそ悔いなく引退したい。最高の瞬間を今のチームで味わいたい。最後にこのチームのサッカーを多くの人に見てもらおう。昇格して今シーズンを終えよう。

 

 

最近の出来事

 

4年になって最後の告知ムービー見ると感慨深い。船越ありがとう。

 

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡