【ブログ】「あの時から」

1.時はILの上武戦まで遡る。 その試合は自分にとっては大きな意味を持っていた。 その試合はトップの人が見に来ていたのと同時にかなりのチャンスでもあったのである。 リーグ戦に再び出れる時間をもらっていたが、試合では全く結果が出せない日々が続き、かなり焦っていた。 結局、焦りなのか、らしくないプレイを連発し、前半が終わった時点で、その日の試合は終了した。 ダウン途中、その時来てたトップの先輩に話しかけられたのである。 「今日のILでの目は、首都大で相手に向かっていった、あの時の目と同じか。一つ一つの試合をリーグ戦と同じように戦う必要がある」 その日からは、秋季の中で自分に一番問いかけた時期だった。 その後、ぼっしーさんや、大口さんも試合への取り組み方に関して話していた。 自分がそこで導き出した結論、それは、あの独特な感じのリーグ戦とTMやILを全く同じものと考えて取り組むのは自分にとっては難しいが、リーグ戦で結果として残したい事、やらねばならない事と全く同じ事をやり続ければ良いのではないかという事である。そして、とにかく結果を出し続ける事である。 自分はポジション的にも結果を出せてるかどうかは目に見えてわかってしまう、だからこそ貪欲にそれを追い求める事にした。 その後、結果が著しく変わったというわけではない、秋季は本当に苦しかった。 でも、あの日を境にして、自分の中で何かが変わっていき、+に働いている。 内容を良くするだけでなく、その上に必ずどんなに泥臭くてもいいから結果を上乗せ出来るようにしたい。 自分の結果とは裏腹にチームは見事一部に昇格し、来年は一部という素晴らしい場所で戦う権利を得る事が出来た。 溜まりにたまったものを、これからの試合で吐き出していきたい。 来季、一部の強豪校と戦えるのが楽しみです。 2.最近の出来事 日本語力が、拙すぎて全然まとまらないし、伝わってる気がしない バイトの面接に落ち、2年マネに人格を否定されてます。

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡