【ブログ】「イメージ」

November 3, 2016

昔何かのCMで、「想像できることは実現できる」みたいな感じの言葉があった。何のCMだったか忘れてしまったけど、街とか環境とかそういった関連のCMで、この言葉は多分有名な人の言葉だったと思う。その言葉を聞いたときは、別に何とも思わなかったけど、最近何となく自分の中で理解できる部分があった。自分の中で思ったのは、想像さえすれば、なんでも簡単にできるとかそういう意味ではなくて、むしろその逆で、本気で実現できると思って頭の中でリアルに想像することって、口で言うよりも断然難しいなということ。だからそういったイメージが本当にリアルにつかめれば、成功や達成により近づくことができるのだろう。そういう意味で、自分はこの言葉に多少なりとも共感できるようになった。

 

自分がこのイメージや想像するってことの難しさや必要性について感じたのはサッカーに関して。普段のメンタルトレーニングで行うように勝利のイメージとか、自分のいいプレーだとかはもちろん、一つ一つの細かいプレーだとか、目の前の相手がどんな風に動いてくるか予測することだったりとか、スカウティングで相手がどんな風にプレーしてくるかとかそれに対してどういう風にゲームを運ぶかとかそういったこと全部含めてイメージをするってことなんだと思う。こうやっていろんなことを考えてイメージして試合に臨むことは絶対に必要だし、しっかりイメージすることができれば、いいプレーもすることができるのではないだろうか。しかし、このイメージをすることっていうのが思ったよりも難しい。例えば、自分の得意ではないプレーや練習でも成功したことのないプレーを試合中に頭の中ではっきりとイメージさせることは難しいし、試合で勝つイメージもしっかりとした勝つための戦略や勝つための要因などを積み上げてそれらに裏打ちされた自信がなければきっとイメージすることは難しい。情けない話だが、まだ自分が来年一部の舞台で躍動している姿っていうのはなかなかイメージすることはできない。もちろん活躍したいっていう気持ちや、自分が試合に出て活躍するっていうイメージをしてはいるんだけど、それはまだ漠然としたもので、具体性が伴っていないし、そういうビジョンみたいなものもはっきりしていない。結局実力が全然足りないってことなのだろうし、その状態で自分の持ついいイメージを盲目的に信じ続けるのは難しい。

 

結局いいイメージを持続させるのに必要なのは、自信をどれだけ持てるかということで、それを裏付けるだけの実力や努力なんだと思う。練習の中でどれだけ一つ一つのプレーに具体的なイメージをもつことができるかということが大事なのだろう。トラップだったら、来たボールに対して、回転を殺すように、そのまま相手が足を出してくるときに自分の足に吸い付いてくるのをイメージしながら止めたりだとか、シュートだったら、足のどの部分に当てて、どういう回転をかけてゴールのどこにどういう風に狙うかとか、パスだったら、受け手がトップスピードで走り抜けたときにどこに足があってそのスピードを殺さず、相手に引っかからないコースはどこなのかということを細かくイメージしながら練習する必要がある。チーム単位でも、崩し方やボールの奪い方のイメージを共有して、すり合わせてやっていく必要がある。最初は失敗してもいいから繰り返しイメージして修正して、そうしてイメージ通りにいく瞬間というのは、サッカーをやっていてる中での大きな喜びの一つだと思う。そうやって練習で繰り返しイメージして試行錯誤した結果、プレースピードの速い試合の中で一瞬のうちにイメージして、もしくはイメージすることなく反射的にプレーを選択できるようになるのだろう。こういった一つ一つのプレーの成功イメージや練習や練習試合の中でのチームとしての攻撃や守備がうまくいくイメージを積み重ねていくことで、それが大事な試合での勝利へのイメージになるはずである。そのためにも普段から考え続けることを怠ってはいけないし、ちょっとした手抜きや緩みなどが、自分たちの成功のイメージを阻害する要因になり得てしまう。上手くいかないときでも自分たちはできるというイメージを強く信じぬくことも必要だが、やっぱり本当に必要なのは、自分たちの実力や努力に裏打ちされた自信がなすイメージなのではないかと思う。

 

最後に自分がいま抱いているイメージについて。新人戦で、今までリーグ戦で出番が少なかったメンバーが、その悔しさや鬱憤を晴らすように、たまってたものを爆発させて、一人一人のそういった感情がうまくかみ合って、強豪相手に臆することなく対等に戦って、GLを突破して、トーナメントでもジャイアントキリングを起こして勝ち上がっていく、みたいな感じのイメージ。まだ新しいシステムがかみ合わないとか色々上手くいかない部分もあって、はっきりと鮮明にイメージすることはできていないけど、本気で自分たちが勝ち上がっている姿をリアルなイメージとして全員が共有することができれば、それは実現できるんじゃないかって思う。

 

長くなってしまいすみません。

 

最近の出来事

クリスマスを意識せざるを得ない季節が来たとか田尻あたりがほざきだしそうな季節がやってきた。NACK行く予定だったのに⋯。関澤に任せたのが間違いだった。

どんなシーズンでもやっぱりストーブリーグは楽しみ。噂のスウェーデン代表FWの動向やいかに。

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡