【ブログ】「献身」

November 4, 2016

自分はチームのために、何ができるのか。

 

この問いに答えを出すのは簡単なことではない。考え方は一人一人違うし、そもそも正しい答えなんて存在しない。そしてマネージャーにとっては、特にそうだ。私達には試合でのパフォーマンスとかカテゴリー分けとか、明確な指標がない。その分、自分はチームの役に立っているんだろうかと不安になることが、誰しもあるんじゃないかと思う。私も思えば今まで、何度もこのことに悩んできた。入部したての頃は試合で勝ったら、単純に自分の応援しているチームが勝ったような気持ちで嬉しかった。でも部活に関われば関わるほど、責任感が強くなればなるほど、チームの勝利と自分を結びつけることが難しくて、貢献度に不安を覚えてしまう自分がいた。

 

それでも、不安になって今までを振り返った時、マネージャーをやってきて良かったと思えることは沢山あったと気づく。

 

練習メニュー間の切り替えがスムーズにいった時。

 

作ったアイシングの氷が余ることなく使われた時。

 

試合中に良い写真が撮れた時。

 

プレーヤーのかばんにミサンガが付いているのを見た時。

 

テーピングを巻いた人から、今日のテーピング良い感じだったよ、と言われた時。

 

後輩マネージャーが一人で仕事をこなす姿を見た時。

 

いつも見ているプレーヤーが、試合で点を決めた時。

 

試合に勝った時。

 

チーム一丸となって、一部昇格を達成した時。

 

挙げだしたらキリがない。ほんの些細なことでも、誰かのためになっていたら素直に嬉しいし、やってよかったと思う。

私達が取り組んでいることは自分のためにしてるのではない。全ては、チームのため。このチームをもっと良いものにしたいから、試合で勝ちたいから、食事LINEをチェックして、グラウンドで仕事をして、オフの日はタスクに取り組む。「自分のことでもないのによくそんなに頑張れるね。」そう言われたことは、一度だけではない。もどかしい思いをしたことも沢山ある。それでもチームの一員として、私達にはできることがある。そう思って行動することがやりがいにも繋がってくると思う。マネージャーとしてやるべきことをこなすだけじゃなくて、「共に戦う」意識をもって行動することを、忘れたくない。

 

私は、マネージャーの部への思いはプレーで見せられない分、日頃の取り組みで見せるものだと思っている。その分、自分の一挙一動に気を配っていなければいけない。信頼はそういう些細なところで築かれていくものだと思う。

その取り組みにおいて、自分のためじゃなくて、どうしたら一番チームのためになるのかを常に考えて選択するのが理想。それは先ほども述べた。でも実際は忙しかったりすると、根本にあるそういう大事な姿勢を見失ってしまうこともある。そんな時、うちの部にはチームのことを考えているマネージャーが沢山いることに救われる。それはすごく心強いことだし、この部の強みでもあると思う。

 

正直、1部で戦うことにはまだあまり実感が湧いていない。

でも36年間届かなかった1部という舞台が、目の前にある。私は、関東リーグを目指せるタイミングでこの部にいる。とても誇らしいことだ。マネージャーにもまだまだできることは沢山ある。全員が力を合わせれば、私達は絶対にもっと良い集団になれる。

1年後、結果がどうなっているかは誰にも分からないけれど、それが今からの地道な取り組みにかかっていることは確かだ。この新人戦期も、1日だって無駄にできるはずがない。

 

いつも献身的に、誰かのために取り組むこと。

誰よりも真摯な姿勢を見せること。

 

それが、これからの私にとっての理想像。

プレーヤーのために、マネージャーのために、OBの方々のために、この部に関わる全ての人々のために、あと1年全力で駆け抜けたい。

 

 

 

最近の出来事

 

クライマックスは円陣。楽しみ。

 

奥多摩はもう懲り懲りです。

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡