【ブログ】「発信すること」

November 8, 2016

先週の火曜日の如水練での最後のミーティング。岡谷さんが、「AとBを比べると、Bは寄せが甘いし間合いも遠い。球際・切り替えの部分が弱い。Aはそれをやろうって発信するやつが多くてできてたけどBは発信するやつがいなかった。」って言っていた。
それを聞いて、本当にはっとさせられた。自分の持ち味の一つは、声を出して思ったこと、気づいたことを発信することだと自負していた。
自分なりの目標は持って練習に取り組んでいたつもりだが、その強みが活かせていない、長所を伸ばすチャンスを活かせていなかった。正直完全に油断していた。ミニゲームの前のサーキットがきつくて周りを見る余裕がなかったのかもしれない。

夏に入る前あたりに修さんから、修さん自身の体験談として、2年の中断期間に、自分の強みであるコーチングを伸ばそうって意識して毎練習臨むことで、結果的に強みを伸ばせて上に上がったっていう話を聞いた。
合宿1日目の夜のミーティングでは、同じグループだった大口さんに、五樹は楽しそうにサッカーしてないって言われた。そういうサッカーを楽しむ気持ちが足りないから、自分に余裕も無くて、周りを見れてないのかもしれない。

リーグ戦も終わり、もうすぐ新人戦が始まる。新人戦が始まる前に、もう一度自分の長所・短所、伸ばすべき点を考えて、一つ一つの練習、試合に対する取り組み方を変える必要がある。


話は少し変わって、この間のサタデー学習戦。
結果は1ー2で負けてしまったし、失点に絡んでしまったが、リーグ戦の充実感ってこんな感じなのかなぁと少し思った。
トップの人からすれば、サタデーの試合なんてそんな充実感ないだろって思うかもしれないけど。決して自分のできに満足してる訳ではないが、最近自分的に不甲斐ない試合ばっかだっただけに、久々に充実感を感じた。

あの学習戦より何倍もレベルの高い相手がいて、応援がいて、わざわざ足を運んでくれるOB・保護者の方がいる、一部のリーグ戦に出るのってどんな感じなのか、正直に言って自分にはまだイメージできない。

一部に上がって、練習試合とかでも今までより強い相手とやる機会が増えると思う。普段の練習から意識して、まずはリーグ戦に出てる自分をイメージできるぐらいにはレベルアップする。

話本当にまとまらなくてすいませんでした。

最近の出来事
・今まで話まとまらなくてすいませんって書いてあるブログ何回か見たけど、今回のは本当にまとまってない。すいません。
・ちょもが学芸好きすぎてかわいい。ブスだけど
・いじり慣れてないのに頑張ってちょもをいじってるの見て、下地が心配してくれている
・チーム学芸ソサイチ2敗1分で4チーム中3位でした。しょっぱすぎ

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡