【ブログ】「信じる力」

新人戦期真っ只中で猛進するしかない今、立ち止まって振り返って考えてこんなことを書くのはどうかなとも思ったのですが、素直な今の気持ちを綴ろうと思います。 リーグ戦が終わり今一度いろいろ考える時間や心の余裕ができた今、考えさせられることがたくさんあります。最近の他のマネージャーのブログにもよく出てくる、自分が部活にいる意味だとか、部活に対するモチベーションを保つための拠り所とか。マネージャーだけでなく、きっとプレイヤーもいつでもポジティブに考えられる人なんてそういないと思います。チームの状態が良くないときや、自分のプレーが上手くいかないときは特に。 そんなふうになんとなくネガティヴな思考回路に陥っているときに、わたしは自分に言い聞かせていることがあります。 大切なのは、信じること。 -自分の選択を信じること。 -自分の取り組みを信じること。 -自分たちが積み重ねてきたものを信じること。 -隣にいる仲間を信じること。 -チームを信じること。 「物事がうまくいかないときに「信じる力」が弱まる。そういう時があってもいい。そういう時もまた一周まわって「信じる」ようになればいい。」 2015年8月14日の青木さんのブログの文章です。 自分がなんのためにこの部活にいるのか、自問自答を繰り返す時期もある。 自分の選択や取り組みが間違っていないか、不安になる時期もある。 でもそんな、不安になったりなんとなくネガティヴに考えてしまうような時期は、この「信じる力」が弱まっている時期なのかなと思います。でもこんな時期は誰しも訪れるものだと思うし、きっとまた一周まわってより強く「信じる」ようになるために必要な時期なのだとも思います。 つらつらと書いてきましたが、結局のところ今わたしが思うことは、この部活で今まで自分の積み重ねてきたことを信じて、信じ合える仲間と共にこれからも頑張っていきたいということです。 最近の出来事 冬オフに1年分の旅行をつめこんでる。 ニコタマはやっぱりいつ行っても楽しい。

過去の記事

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
  • YouTubeの

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡