アミノバイタルカップ 展望

March 18, 2018

 

 【アミノバイタルカップとは】

 今週の日曜、3/25からアミノバイタルカップが開幕します。

 都1~4部の全チームがトーナメント形式で関東予選出場権を争う大会です。

 例年、リーグ戦のいわば前哨戦に位置づけられ、新チームの今後が占われます。

 

 【昨年度の戦い】

 1回戦 シード

 2回戦 ○3-1 vs 日本大学生物資源学部

 3回戦 ×1-1(PK2-4)vs 大東文化大学

 

 苦しみながらも初戦を突破すると、3回戦で1部の大東文化と激突。昨年度主将の吉川の劇的ゴールで先制するも、パワープレーに屈し、終盤に追いつかれてしまいます。PK戦の末、悔しい敗戦となったが、強豪を相手に善戦を繰り広げたことは、チームに「自分たちはやれる」という実感や自信をもたらしました。

 

 

 【試合日程】

 

 ご覧のように、昨年度関東2部に所属していた日本大学、朝鮮大学と同じ山に!

 

 1回戦 シード

 2回戦 3/25(日)13:15 kick off vs 北里大学(4部)@亜細亜大学日の出キャンパスグラウンド

 3回戦 4/1(日)時間未定 vs 日本大学(1部)と武蔵野大学(3部)の勝者 @未定

 

 

 

 【注目選手】

 各ポジションから成長著しい期待の選手をPick Up!!

 

 

・大澤敦(3年 #60 DF) 

右利きながら左SBを務め、好守に堅実なプレーを見せる職人。今季は中にドリブルで切れ込み自らシュートを放つ等、積極的な攻撃参加が光る。相変わらずやられた時に笑みを浮かべる彼は勝負を楽しんでいるのだろうか。

アミノにむけて一言…「1G1A」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・重宗大貴(4年 #12 MF) 

底なしのスタミナと球際の強さを武器に、中盤を所狭しとかけまわるハードワーカー。ボールを引き出す動き出しのタイミングが優れている。左足から思い切りのいいミドルシュートをかましてほしい。

アミノに向けて一言…「全力疾走」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ヘルバート弥呂(2年 #58 FW)

長い手足を生かした大きなストライドで右サイドを切り裂く快足ウインガー。足元の技術にも優れ、独特の持ち方でボールをキープする。2年生ながら積極的な仕掛けで貪欲にゴールに迫っていく姿は頼もしい。

アミノに向けて一言…「得点」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新シーズン初の公式戦、リーグ戦に向けて収穫の多い大会にしたいところであります。

 

 OB/OG・保護者の皆様どうか、ご声援の程よろしくお願い致します!

 

 ☆試合会場では応援グッズのタオル(¥2000)を販売予定です。

  ご購入を希望される方はお近くの部員まお声がけください。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

過去の記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一橋大学ア式蹴球部 

Please follow us 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

  Hitotsubashi University Association Football Club

➡➡